2010年11月04日

FUJIWARAについて。

先日、ニコニコ鉄道にて
スタジオLoas主催 A列車で行こう9 マップコンテスト
というコンペが開催されました。

今回は、このコンペへの参加作品 『FUJIWARA』について書きたいと思います。
一度Wikiに書きかけたんだけど、やっぱりブログを作ったからにはこっちで書こうかなと。



■ コンセプト
まず、参加するにあたって「どんなマップをつくりたいか?」を考えました。
最初に浮かんだのは、どんなマップか?というよりは、完成したマップを
たくさんの人に楽しんでほしいな、ということでした。
なので自分の妄想を繰り広げるよりは「見て楽しい、乗って楽しい」マップにしようと。

■ キーワード
上記のとおり、より多くの人に楽しんでもらえるマップがいいなと。
ということは、実際にマップを触った時に、色々楽しめる要素が欲しい。
要素となりえるのはやはり実際に列車に乗って(=前面車窓)画面を楽しむこと。

ここまで考えて、ひとつのキーワードが浮かびました。
「徹底的に競争させたいな」と。

競争とは、鉄道会社同士がサービスを競っている状況。
一番分かりやすいのは、JRと京急がバトルしている品川−横浜間。
あるいは、JR・西武・東武がバトルしている池袋−川越間。

日本国内では、JR・京阪・阪急が直接対決している京都−大阪間が一番多いかな。
まあ遠めには近鉄もいますが、とりあえず数の問題では三社が一番多いですね。

よろしい、ならば4社だ。

ということで「都市間を四社が競う」というキーワードが出来上がりました。
競争させることで、マップの中で都市間を眺めた時に、列車を色々と選べる。
今日はどの会社の、どの種別の路線で行こうか。
そんな妄想を味わってほしくて、このキーワードで行こうと決めました。
あとはほとんど勢いですw


さて、今日はここで力尽きたぞw
続きはまた書きます。少しずつ書き足していきますのでどうぞよろしく。
マップの構成とか、ダイヤとか、裏話とかも書いていきます。

posted by nissy at 01:08| Comment(0) | FUJIWARA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: